体で学ぼう!

体で学ぶ新感覚な、お勉強!

コストゼロ!朝の目覚めと夜の寝付きを良くする超簡単な方法

朝の目覚めと夜の寝つきを良くするには

朝、起きた時はダルいし、夜はなかなか寝付けない…。
そんな人にオススメの解消法をご紹介します。
その方法は無料で出来るし、手間も全然かかりません。
それは「朝、起きたらカーテンを開けること」です。

f:id:monkey-try:20181116195347j:plain
朝の光は気持ちが良い
今回は、朝にカーテンを開けることで、
体にどういった作用が起きているのかを見ていきましょう。

体内時計をリセットしよう!

朝日の光を見ることによって私達の体内時計はリセットされます。
体内時計とは地球の自転周期に合わせて
私達の体の中に刻まれている生体リズムのことです。
しかし、実は人間の体内時計は24時間よりも長いので、
朝日を浴びることによってリセットする必要があります。
これをリセットせずに居ると、
段々と起きる時間、寝る時間が遅くズレていってしまうのです。
ですから休日においても生活のリズムを崩さないために、
なるべくいつもと同じ時間で起きるようにしましょう。

睡眠と覚醒。メラトニンとセロトニン

また、夜間に睡眠を促進させるメラトニンというホルモンが分泌されているのですが、
このメラトニンは朝日を浴びることで分泌が止まります。
そして部屋に太陽の光が入ることによって
今度は脳と身体を覚醒させるセロトニンが働きだします。
そうして私達の活動スイッチはオンになるのです。
その約15時間後、再びメラトニンが増加して私達は眠くなります。
ちなみにメラトニンはセロトニンを元に作られています。
このホルモン達は、正に陰と陽の関係なのです。
この仕組みがあるからこそ私達は
朝日を浴びることによって昼間は体が活動状況になり、
夜になるとお休みモードになるという
理想的な生活リズムを送ることができるのです。

明る過ぎる夜

また、夜に強い光を浴びると
睡眠を促進するメラトニンの分泌が抑制されてしまうので眠りにくくなってしまいます。
現代社会に生きる私達を取り巻く環境は、夜でも明るい状況にあります。
部屋の電気の明かり、パソコン、スマホ、テレビの光、
外に出れば夜遅くまで営業しているお店や看板の光があり、街は明るくなっています。
光の刺激により、身体は興奮して眠りにくくなってしまいます。
本来、私達は明るい時に活動し、暗くなったら眠るという
地球に合ったリズムで生きてきた生物です。
夜でも明る過ぎる環境は便利になった反面、
私達の身体には合っては居ないと言えるのかもしれません。
より、ぐっすり眠りたいのであれば、寝る前にスマホやパソコンなどの使用を控えてみましょう。
睡眠の質が変わっていきます。

朝起きたら、まずカーテンを開けよう!

完全に光を遮断する遮光カーテンも、目覚めには余り良くはないと言われています。
なぜなら、朝になっても部屋に光が入ってこないからです。
体に朝だと知らせるには朝日の光を部屋に入れた方が良いのですね。
光というものは、私達に地球のリズムを知らせてくれる大事な役割を持っているのです。
起きたらまず、カーテンを開けてみてください。
そして朝の綺麗な光を身体で感じてみましょう!