体で学ぼう!

体で学ぶ新感覚な、お勉強!

足の裏のセンサーを活用して、姿勢や歩きを整えよう!

足の裏にはセンサーがたくさんある!?

皆さんは「足の裏」について普段、考えたことはあるでしょうか?

足の裏って実は、立ったり歩いたりするのに大切な役割を持っているんです。

足の裏は体の最下部に位置しています。言うならば体の土台に当たります。
ここが疲弊し、凝り固まれば、当然その上に積み重ねられる体の各パーツにも影響が及びます。

今回は、そんな足の裏が持つ「センサー」について見ていきたいと思います。

姿勢制御にも役立つ足裏センサー!

人の体には受容器というものが存在します。
この受容器は、刺激を受け取るセンサーの役割を持ちます。
私達は目で光の刺激を受け取れるから、見ることができたり、
耳で空気の振動を受けとれるから、音を聞くことができているわけですね。
これらの刺激を受け取っている目の網膜や耳のうずまき管は「受容器」なのです。

他にも人の体には様々な種類の受容器があって、
受け取れる刺激は、それぞれに違います。
受けた刺激は神経を通って感覚として受容されます。

触れたりですとか、圧力、筋肉や腱の動きなどの刺激を受け取る受容器もそれぞれ存在します。
姿勢で言いますと、それらの刺激が、
視覚情報などの他の情報達と統合することによって、
私達はより正確に姿勢の傾きや、体のパーツの位置関係などを把握することができるのです。

そして足裏には、姿勢を調整するために役立つ受容器が豊富に存在します。
物理的な刺激や、力に反応する機械受容器が多数存在していると言われ、
それらを称して足底メカノレセプターなんて名前が付けられていたりします。

一言で簡単に説明しますと、
「足裏からは色々なことが感じ取れて、その感覚は体のバランスを保つのに役に立つ」ということです。

足裏からの情報の精度をあげよう!

さて、立つこと、歩くことを考えた時、
この足裏センサーがもたらす情報を有効活用していきたいわけです。

情報を送り、その情報を元に体に的確な司令を出してもらう…。

しかし、ここで問題となってくるのが、その情報の「質」です。
足裏の刺激を送ったとしても、もしその情報が曖昧だったり、
分かりにくいものであれば、判断材料に乏しく体は判断に困ってしまいます。

元々の情報源が大まかなものであれば、出す命令も大まかなものにならざる得ません。
送られてくる情報が正確性を欠くほど、フィードバックも難しくなってくるということです。

ですから、姿勢を保つ、歩くということをより快適にしていくことを考えた時、
なるべく精度の高い情報を送って、体にはその上で判断を下してもらいたいのです。

では、そこで私達は何をしていけば良いのかということになるのですが、
簡単に取り組める方法がいくつかあります。
今回はその中の2つをご紹介して終わりたいと思います。

その1・足裏で様々なものに触れてみる。

私たちが日常生活の中で一番足裏で触れているものは何かご存知ですか?

正解は「靴の中敷き」です。(靴下の方が正解かも)

私たちは靴を履いて生活をしています。
ということは年がら年中、私たちは足裏で靴の中敷きばかり触ってるわけです。

毎日毎日、雨が降ろうが風が降ろうが、触れているのは靴の中敷きです(笑)
なんか面白いですね。

しかし、これでは、まず情報量として乏しくなります。
情報は質も必要ですが、同時に量で経験値を増やしてあげることも大切です。
使える情報はより多く送ってあげた方が体は判断しやすくなります。

ということで、靴の中敷きだけでなく、
足裏で別のものにも触れてみましょう。

普通に家にあるもので結構です。
お行儀は少し悪いですが、靴下を脱いで裸足なって、
そこら辺にあるものに足で触れたり掴んだり、踏んだりしてみましょう。

足の裏で様々なものに触れてみることで、
普段眠ってしまっている足裏の感覚を刺激してみましょう。

その2・足の凝りや疲れをほぐす、動かす

私達は普段、靴をはいています。
足を窮屈な靴の中に閉じ込めている状態が長く続いてしまっています。
ですから、足は強張ったり凝りが酷くなったりと、
疲れが溜まりやすい部位なのです。
足が疲れていると、足裏と地面との関係性が悪化してしまいます。
そんな状態で脳に情報を送ったとして、
足が強張っていては、体はその命令にも対応のしようがないわけです。

これでは負の循環になってしまいます。

ですから、まず足の状態を良好にすること。
足の疲れを揉んでほぐしたり、ストレッチしてみたり、動かしてみたりして
まず足の疲労を溜め込まないようにケアを大切にしてください。
足の状態が良くなることで、
それに比例して関連するネットワークが快適性を増してくるはずです。
また歩くことで足をほぐしていくことも必要なことです。

ということで、今回は足の裏のセンサーについてのお話でした!
足の裏は位置としても機能としても土台にある部分です。
足の裏のセンサーをより良く活用して、
立つこと、歩くことの質をあげていけたなら、
それはとてもハッピーなことだと思いますよ!

足のケアに関する記事はこちらになります。
・足のお手軽ストレッチのやり方を書いた記事です。
www.karada-de-manabou.com

・足の指を動かすエクササイズもあります。
www.karada-de-manabou.com