体で学ぼう!

体で学ぶ新感覚な、お勉強!

人の頭の重さはボウリングの玉と同じ!?頭を支える筋肉を休める超簡単な方法

首や肩のこりに!頭を支える筋肉を休めよう!

目次

頭は実際とても重い!

「はぁ~、今日は頭が何だか重いなぁ」って悩んでいる方、結構いらっしゃいますよね。

でも実は、頭ってホントに重いんですよ!

頭の重量は、個人差がありますが、おおよそ体重の10%と言われています。

体重50キロの人でしたら、頭の重さは5キロくらい、

体重70キロの人でしたら、頭は7キロ!

これ、何の重さと同じくらいかといいますと、

なんとボウリングの玉並みに重いんですね!

 

ボウリングの玉の選び方は自分の体重の10%くらいのものが良いと言われていますから、頭の重さと同じくらいになります。

つまりボウリングというスポーツは、言い換えれば自分の頭をブン投げる競技とも言えますね!(笑)

私達は、年がら年中、このボーリングの玉のように重い頭を支え続けて暮らしているワケです。そりゃ首や肩も疲れて凝るわけです。 

首や肩に負荷をかけ続ける現代人

ところが、私達はというと、そんなことにはお構いなしです!

皆さんも身に覚えがあると思いますが、頭を前に出した悪い姿勢でスマホをイジったり、パソコンで作業したりしていませんか?

その悪い姿勢は、首や肩の筋肉にいつも以上に負担をかけているんですね。

姿勢を悪くして作業している時は、頭が落ちないように、ずっとそれらの筋肉は緊張している状態になっているわけです。

そうすると血流が悪くなって筋肉も凝りやすくなってきます。

「あ~、肩凝ったなぁ」なんて言ってる場合じゃありません。

首や肩からしてみると「こんなもんやってられっか!」状態です。

四六時中、頭を支えて酷使されている頭を支えている筋肉達を一度休めてあげましょう。 

 

超簡単!頭を支える筋肉を休める方法

「毎日毎日、頭を支えっぱなしで凝りや疲労が蓄積している筋肉を休めたい」

それならば話は単純で、一度支えるのを辞めてみましょう!

机を利用した、椅子に座った状態でできる、

頭を支える筋肉を休める簡単な方法をご紹介します。

 

1、椅子に座った状態でテーブル、机の上に両肘を付きます。

2、手の平の上にアゴを載せて、頭の重みを預けて体の力を抜いていきます。

はい、これだけ!簡単でしょう?

f:id:monkey-try:20180705155558j:plain

頭を手で支え、首を休めてみましょう。

 「机の上に肘を載せて、なんとお行儀の悪い!」とPTAから怒られそうな姿勢ですが、

そういった声はとりあえず右から左に受け流しておきましょう。

この姿勢は、普段、頭を支えている筋肉を休めるために非常に効果的な姿勢です。

そりゃそうです!手で頭を支えてもらっているのだから!

頭を支えている首や肩を休ませて、ゆっくりと頭の重みを手に預けてあげましょう。

 

体をリラックスさせるコツは「呼吸」にあり!

この時、もっと効果的に体を休めるコツがあります。

それは呼吸です。

旅行先で温泉にゆっくり浸かった時の呼吸を思い出してみてください。

「はぁ~、生き返る~」

そう!その時の呼吸です。

「はぁ~」でも良いですし「ほぉ~」でもどっちでも良いです(笑)

とにかくリラックスした場面を思い浮かべながら、一息つくのがポイントです。

この時、人の体の力は、ホッと抜けます。

 

呼吸法というと意識的に練習が必要だったりして、なんだか難しいイメージがあったりしますが、

この、温泉に入った時に自然と出てくる呼吸は、どなたでも簡単にできて、

体をリラックスさせるために使える、非常に有効な呼吸法です。

この呼吸法は「こうやって吸って、こうやって吐くぞ!」なんて余計なことは考えないでください。

重要なことは、自分がリラックスした時の状況を思い出すこと。

仕事、部活でクタクタになって帰ってきて、ゆっくりお風呂に浸かった時に、体の芯から出てくるような一息をイメージして「はぁ~」と吐きましょう。

吸う息も頑張って吸うことを意識しないでください。リラックスしてください。

息を吐いた後は、息は吸わなくても勝手に入ってきます。

どう呼吸をしようと考えるのではなく、とにかく心と体が芯からホッとした情景を思い出しながら息を「はぁ~」と流してください。

 

頭を支えるのに使っている筋肉は首や肩だけではありません。

背中や腰、脚、背骨…、人によってその度合いや割合は変わってきますが、

全身の至る所が疲れています。

ついでですから、それらの凝りや疲れも「はぁ~」と息を吐きながら流してしまいましょう。

 

さて、体が落ち着いて、ジワーっと休まった感じがしたら、手から頭を放して元に戻します。

この時、首が楽になった感じや、体がホッと落ち着いたり、スッキリした感じがしたら成功です。

 

頭を支える位置を変えてみよう

さて、頭を支える位置を変えてみても良いでしょう。そうするとストレッチされる部分が変わってきます。

両手の手の平の上におでこを載せて行うのも首筋がじわジワ~っと伸びて気持ちが良いですよ。

この時も「はぁ~」っと一息つくことを忘れずに!


関連記事

職場でもできる!首や肩、背中回りの筋肉の疲れや凝りを取る簡単エクササイズ

www.karada-de-manabou.com

頭を効率良く支えるには、姿勢を整えることも大切です。

www.karada-de-manabou.com