体で学ぼう!

体で学ぶ新感覚な、お勉強!

緊張が解ける!イメージ呼吸法で心も体もすっきりリラックス!

イメージで体の緊張を解いて、楽に呼吸をしよう!

現代人は大人も子供もいつも何かに急かされて、
体も心も固まりやすくなってしまっています。
気付かないうちに呼吸も固く浅いものになってしまいがちです。
今回は体がスッキリ、そして心がゆったりと落ち着く呼吸法のやり方をお伝えします。

生きづらいは息辛い

気が重たくなっている時、人の呼吸はどうなっているのでしょうか。
「職場の雰囲気が悪いな…」「妻とケンカして家に居づらいな…」なんていう時、
体はぎゅっと緊張し呼吸は固くなっています。
呼吸は如実にその時の自分の状態を表しています。

落ち着くと呼吸はゆったりする

また逆に、心落ち着ける状況にあると呼吸もそれに合わせてゆったりします。
今回の呼吸法は、この特性を利用して行います。
やり方は非常にシンプルです。

イメージ呼吸法のやり方

1・自分がゆったりと落ち着ける景色をイメージしましょう。
奇麗な森の中や、静かな湖などを想像しても良いです。
また、母親の腕の中で、全幅の信頼を持って
スヤスヤと眠る赤ん坊をイメージしても良いでしょう。
2・そのイメージの中で呼吸をするようにして、
ゆったりと体と心を落ち着けます。自然と強張りが抜けていきます。

f:id:monkey-try:20181109232908j:plain
まったり落ち着けるならバナナでも良いです。

イメージを使った呼吸法の解説

自然の中に居るイメージを持って呼吸を行う時は、
美しく静かな景色の中に身をゆだねるようにして力を抜きましょう。
そして、その自然の美味しい新鮮な空気が自分の肺の中に取り込まれ、
吐いた息は自然の中に浄化されていくイメージを持って気持ち良く呼吸していきます。
このイメージの呼吸は、心がスッキリとした感じがします。

また、お母さんに抱かれた赤ん坊がスヤスヤと眠るイメージを持って呼吸する時は、
その赤ん坊のように全てを他にゆだねるかのようにして体の力みを抜いてみましょう。
すると自然と呼吸は深まっていきます。
赤ん坊のように、自分はこうあるべき、こうしなくてはならないという意思を手放し、
心地よさに身をゆだねます。あるがままの無防備な状態、それが本当のリラックスです。
このイメージの呼吸は、ゆったりと心が落ち着きます。

これらの呼吸法を行う際には、世の喧騒は忘れてください。
今日は緊張して疲れたなぁという時や、
家に帰ってきて、まったりとしたいという時に試してみてください。


お腹の中をふんわりほぐしたり、胸から背中をほぐしておくと、より呼吸が深まります!
・お腹をほぐすエクササイズ
www.karada-de-manabou.com
・胸から背中をほぐすエクササイズ
www.karada-de-manabou.com