体で学ぼう!

体で学ぶ新感覚な、お勉強!

寝ながらでもできる!首、背中、肩こりの疲れを簡単にほぐす体操!

今回、ご紹介する体操は寝ながらできる簡単なものです。

簡単でありますが、首、背中、肩、胸周りを一気にほぐせるコスパの高い体操です。

寝る前にでもやってみてください。

 

首~背~胸の緊張を取る体操のやり方。

1.腕を伸ばして、お布団の上に仰向けに寝ます。

2.手のひらを上に向けてください。

f:id:monkey-try:20181024212853j:plain

手の平を上に向けて仰向けに寝ます。

3.そうすると、手の甲がお布団に触れますね?

手の甲で布団をなでるようにして、優しくなめらかに外回しに円を描いてください。

うでは

f:id:monkey-try:20181024213501j:plain

4.するとその動きに連動して、肩甲骨、鎖骨が上下に動きます。

一度、片方の手で肩甲骨、鎖骨に触れて、動いているのを確かめてみても良いでしょう。動いているのが分かると思います。

5.腕、肩甲骨、鎖骨についている筋肉は、首、肩、背中、胸に繋がっています。

手の甲で布団に円を描きながら、それらの筋肉をゆるめていきます。

6.次は円を描く方向を内回りにしてやってみましょう。

7.心地良くほぐれたら終わりです。

 

この体操のコツ

体の力を抜いて、手の甲で滑らかに心地よく円を描くだけです。

そうすると肩回りが勝手に連動して動きますので、その動きと共に、首~胸~背中周りをほぐしていきます。

胸郭から鎖骨、肩甲骨がヌルヌルと動くようなイメージで行いましょう。

滑らかに、心地良く。ヌルヌル、ヌルヌル、すると自然と体の強張りが抜けていきます。

そこに繋がる首、肩、背中、胸の筋肉達もヌルヌルにほぐれていくイメージを持って行いください。

 

また、肘は曲げないように腕は伸ばしたまま行ってください。

描く円の大きさについてですが、自分が気持ち良く描ける範囲の大きさの円を描いてみましょう。

腕の角度は少し脇を開いて行うとやりやすいかと思います。

腕の角度を変えると体への刺激も変わってきますので、各自調整をしてみてください。 

 

この体操をした後は、肩の上げ下げが楽になると思いますので、

チェックとして、この体操のやる前とやった後に、肩を上げ下げする体操をして変化を感じてみるのも良いでしょう。

f:id:monkey-try:20181012223023j:plain

肩を上げ下げする動作

・関連記事、肩を上げ下げする体操
www.karada-de-manabou.com

 

寝ながらできますので、夜寝る時に布団の中で行って、体の緊張を解いてそのまま寝てしまいましょう。

朝起きたあとにやるとリフレッシュの効果があります。

慣れると立ちながらでもできると思うので、体の疲れや緊張を取りたい時に行ってください。

 

ということで寝ながらできる簡単体操のご紹介でした!