体で学ぼう!

体で学ぶ新感覚な、お勉強!

お腹を底から支えてくれている働き者!その名は「骨盤底筋群」!

お腹の底には何がある?骨盤底筋群!

多くの人は、生活の中で「お腹の底には何があるのだろう?」なんて考えたりすることって、あんまりありませんよね?
でも、お腹の底って、とっても大事な役割を持っているんですよ!
今回、ご紹介する筋肉は「骨盤底筋群」と言われるお腹の底にある筋肉です。
あまり有名な筋肉ではありませんが、
この筋肉は、私達が日常生活を送る上で欠かせない大切な筋肉です。
それでは、この骨盤底筋群の位置や役割を分かりやすくご紹介していきます!

目次

骨盤底筋群とは?

私達のお腹の底には、骨盤底筋群があります。
骨盤底筋群とは、骨盤の底にある複数の筋肉や結合組織などの総称です。
骨盤の底に恥骨から尾骨にかけてハンモックのようにして、お腹の中の内臓、膀胱や子宮などを支えてくれています。
言うなれば底蓋です。
もし、骨盤底がなければ、支えてくれるものがないので、お腹の中のものがボトボトと落ちてしまいます!

骨盤底筋群の役割

骨盤底筋群の役割は、多岐に渡ります。
この筋肉が衰えて、たるみっ放しになっていると、
内臓を支える力が弱まり、下腹ぽっこりの原因になります。
内臓が下垂した状態が慢性化すると、様々な器官が圧迫され、機能が低下することがあります。
ですから、骨盤底筋で下から支えてあげる必要があります。

また、骨盤底の筋肉は、排尿や排便、月経時に働く役割があります。
この筋肉がうまく活用できないと、尿の切れが悪くなったり、
くしゃみや咳をした時や、重いものをもった時、笑った時などの拍子に、
尿漏れしてしまうことがあります。
骨盤底筋群をうまく収縮、弛緩させることによって働きをよくしてあげましょう。

さらに、骨盤底筋群は、腹横筋というお腹の周りを囲う筋肉と連携し、
腹圧を形成して、姿勢を支える役割も持ちます。
腹圧や腹横筋について説明した記事はこちらになります↓
・姿勢と腹圧に関する記事
www.karada-de-manabou.com
・腹横筋の位置と役割
www.karada-de-manabou.com

この骨盤底筋が働かずに、腹圧をうまく調整することができないと、
足腰に負担がかかったり、上半身の姿勢が崩れますので、全身にも影響が及びます。
ですから、普段衰え気味になっている人が骨盤底筋群をうまく活用すると、
足腰のダルさや、肩や背中、首のこりが軽減することがあります。
立つ、座るといった姿勢にも関連している筋肉なんですね。

骨盤底筋群に対する意識が薄い。

人って日常生活で何かをする時、手足はよく動かしますが、
普段、お腹の底を意識することって、あんまりありませんよね。
しかも最近は、スマホやタブレットなどの便利な機器が発達したおかげで、
指先だけを動かしても色々できてしまう時代になりました。
そういったものに長時間触れ続けていると、
当然、使われにくくなって衰えてくる筋肉が出てきますよね。
お腹の底にある骨盤底筋に対する意識なんて、なおさら薄くなります。
しかも、姿勢が崩れていると骨盤底筋群は、うまく機能しにくくなります。
ですから姿勢が悪い状態でスマホを弄っている状態は、
骨盤底筋が衰えやすくなっている状態とも言えます。
姿勢が崩れる→姿勢を整える力がなくなる→機能が衰える…、正に悪循環のループです。
骨盤底筋群は、お腹の中だけでなく、
私達の生活を支えてくれている大切な筋肉なので、
ぜひ気にかけてあげてくださいね。

骨盤底筋のトレーニング!のその前に…。

ということで、そんな大事な骨盤底筋を
収縮、弛緩させて活性化させていきたいのですが、
先程も触れましたが、骨盤底筋群は姿勢が崩れていると機能しにくくなります。
ですからまずは姿勢を整える必要があります。
「骨盤底筋を活用するには、まず姿勢を整えること」
このことは頭に入れておいてください。

骨盤底筋群のトレーニングをする前に、まずは姿勢を整えて坐骨で座りましょう。
下記の記事を参考にしてください。
www.karada-de-manabou.com
坐骨を使って座るだけでも、骨盤底筋群の状態は変わっていきます。